これまで息子たち中心に廻っていた家庭ももう二人とも大学生。手も掛からなくなり、いつも家に残されるのは我々老夫婦?(笑) 嫁さんからの提案!『暇を見つけて、夫婦二人であちこちのコナミに行ってみようよ!』ってことで、四国霊場ならぬ『コナミ道場八十八箇所巡り』。
 見苦しい年寄り夫婦が皆様のスタジオにお邪魔するかもしれません。その時は、なるべく目障りにならないようスタジオの片隅でやりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。。。m(__)m

2006年10月10日

劇痩せの原因

 最近・・・『すごく痩せられましたね〜』とよく声を掛けられる。確かに、私もこのように声を掛けられるのだが、私以上にこのような声を掛けられるのは嫁さんの方である。実際、嫁さんはこの半年で10キロ近く痩せた。これと言ったダイエットをしてる訳でもないのにこんなに痩せるのだからちょっと怖くなる。さすがに『カルニチン』でこんなに劇痩せすることはないだろう(笑)

 周りの親戚や友人たちも嫁さんのあまりの痩せ方を心配して『ガンか何か、悪い病気じゃないと〜?』と病院に行くことを勧めだした。確かに、最近、コンバットに行く途中の車中で『また、お腹が痛くなった』とか、『胃を握り締められるよな痛さがする』とか…よく言うから本当に心配になってきて、私も早く検査に行くように勧めていた。


20061005 (3).jpg 先日、『いい物を見せてやる』と嫁に言われ、見せてもらったのがこの写真。。。嫁さんの胃袋の中である。早速、病院に行って精密検査をしてもらったらしい。そう、胃カメラで嫁さんの胃の中を撮影したものです。すると、この写真のほぼ中央下辺りに白い水溜りのようなものが見える。この白い水溜りのようなものは『潰瘍(かいよう)』。つまり、嫁さんは『胃潰瘍』だったのである。しかも、結構それは大きく、その周りも大きく腫れ上がっているので、念のために『胃がん』の検査もしてもらっている最中だが、そちらはまず心配ないということだったそうです。

 実は私も大学受験の前に『十二指腸潰瘍』になったことがありますが、『胃潰瘍』・・・食物を消化する胃液には、強力な酸が含まれていますが、この強い胃酸から自分の胃壁を守るために胃は同時に粘液を分泌しています。ところが、ストレスなどにより胃液と粘液との不均衡が生じると、胃酸によって胃壁がおかされてしまいます。これを『胃潰瘍』と言うのだそうです。初めは、粘膜のごく表面がただれる程度ですが、進行すると胃に穴が開くんだそうです。

 今、H2プロッカーと言う酸分泌抑制薬をお医者さんから貰って飲んでいるようですが、この薬のお陰で、昔とは違って今は『潰瘍』ではほとんど手術しなくても治癒できるようになったんだそうです。特に、発見が早ければ早いほど、『潰瘍』は飲み薬だけで治るんだそうですよ。

 実際、嫁さんもこの薬を飲み、刺激の強い食べ物を避けるだけで特段 食事制限もない。昨日だって亜橋のカレー食べてたもんね。しかし…嫁さんにとっては飲み会があっても大好きなビールが一滴も飲めないのが辛そう。『反ってストレスが溜まるんとちゃうか?!』(笑)
【関連する記事】
posted by PI!PIKACHU at 03:57| 福岡 ☀| Comment(2) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
消化器潰瘍は薬の進歩で
ほんと飲み薬だけで治るようになりました^^
H2プロッカーが効かなければ
プロトンポンプインヒビターというさらに強力な薬もあります。
ちなみにCMでよく見る「ガスター10」
あれもH2プロッカーなんですよ。
Posted by ゴン at 2006年10月10日 10:40
ゴンちゃん、おっは〜♪

そうでしたね、ゴンちゃんはお薬のプロ中のプロでした。失礼致しました〜(*^_^*)
そうなんです〜今、まずはH2ブロッカーで治癒力を様子見ってとこみたいです。

いつもゴンちゃんブログ、楽しく拝見させて頂いておりま〜す。(見てるんだったらもっとコメント書けってか?!)書きに行きます。。。(^^ゞ
Posted by PI!PIKACHU at 2006年10月10日 11:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。