これまで息子たち中心に廻っていた家庭ももう二人とも大学生。手も掛からなくなり、いつも家に残されるのは我々老夫婦?(笑) 嫁さんからの提案!『暇を見つけて、夫婦二人であちこちのコナミに行ってみようよ!』ってことで、四国霊場ならぬ『コナミ道場八十八箇所巡り』。
 見苦しい年寄り夫婦が皆様のスタジオにお邪魔するかもしれません。その時は、なるべく目障りにならないようスタジオの片隅でやりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。。。m(__)m

2006年12月11日

ご報告です。。。

 12月1日のブログで紹介した息子たちが所属するフットサルチーム『GANTS』が福岡県代表として、沖縄で開催された全日本フットサル選手権九州大会の結果のご報告です。。。

20061211 (15).JPG 大会1日目はいきなり昨年の準優勝チームの大分代表チーム『ESPERANCA』と対戦。善戦及ばず6-4で敗戦。これで、決勝トーナメントの準決勝から出れるシード権は無くなった。 そんなことより、次の敗者復活戦、熊本代表の『熊本FC』との試合にも敗れる事があれば予選敗退となってしまう。しかし、初戦を落とした事による精神的落胆は非常に大きかったらしい。選手層の薄い『GANTS』においては次から次へと肉離れを訴えるものが出ていた。

 今回の九州大会には専属のフィジカルトレーナーとして、長男の親友のYコーチも帯同していた。休憩時間はYコーチの懸命なマッサージが続いたそうだ。本当に感謝です。 そして、これに負けたら明日が無い熊本戦。。。やはり、精神的に盛り上がってこない(>_<) もうここで終わるのか?!福岡県代表としての名に賭けて、予選敗退だけは許されない!・・・結果は5-4で辛勝(ーー;) これで一応、明日の決勝トーナメントには繋がった。

 大会1日目の夜、帯同したYコーチはフィジカルトレーナーとして、選手へのマッサージフォローはもちろん、マネージャー役をも自ら買って出て、買出しからユニホームの洗濯まで世話係り全てやってくれたんだそうです。この話を聴いて涙が出るぐらい嬉しくなりました。この男、本当に凄い男です。優しい男です。感謝の気持ちで一杯です。

20061211 (14).JPG そして、12月3日、大会2日目は決勝トーナメントです。1回戦の相手は長崎県代表の『国見FC』です。国見といえば…次男が中学3年の時、中体連サッカー大会において古賀中が福岡県代表として、九州大会に出た時、1回戦で当ったのが『国見中』で、結果は4-3の逆転負け。その後、国見中は全国大会3位まで上り詰めたのでした。あれから4年…今度はフットサルの九州大会決勝トーナメントの1回戦の相手がまた『国見』というから何か、因縁じみたものを感じました。・・・が、結果は6-2で快勝です!手(チョキ)ドコモポイント

 しかし、問題は次の準決勝です!全国大会へ行けるのは上位2チームのみ。つまり、この準決勝に勝たなければ全国へは行けないのです。その対戦相手は…また大分県代表の『ESPERANCA』との対戦です。これってもしかして・・・昨年優勝の福岡県代表と準優勝の大分県代表はどちらか1県しか出られない・・・という組み合わせとちゃうか?とさえ感じさせます。。。

 昨日、負けているのでモチベーションは『GANS』が最高潮。20分ハーフゲーム。。。後半あと4分を残して2-1でGANTSのリード。ここで、ESPERANCAはGKも攻撃参加する捨て身のパワープレーに出て来た!!GANTS、このパワープレーにマークが対応しきれない!2-2同点。。。あーっ!終了間際にまた相手ゴール。2-3逆転を許してしまう。。。その瞬間、ほぼ手中にしていた全国への切符を失った。。。

 決勝はESPERANCA対地元、沖縄県代表の『レキオスFC』。6-0でESPERANCAが大差で優勝した。全国大会出場は大分代表『ESPERANCA』と沖縄代表『レキオスFC』。

http://www.geocities.jp/okinawa_futsal/

20061211 (1).JPG 試合会場でも、宿舎のホテルに帰っても、夜更けまで、レギュラーも控えも、そしてフィジカルトレーナーで帯同していたYコーチも…男たち皆、泣いた。いつまでも涙が止まらなかったそうです。年齢にして19歳から22歳の若い子ばかり。すごくいい経験をしたと思います。これからの人生、彼らにはフットサル以外でも、この九州大会よりもっと大きな舞台ぴかぴか(新しい)が沢山用意されていると思います。その時は絶対に勝とうよ!ネッ!手(チョキ)わーい(嬉しい顔)

 最後に、大会期間中ずっと献身的にチームをサポートしてくれたYコーチに感動しました。心から感謝致します。本当に有難うございました。
 それにしても残念やなぁ〜全国大会は私たち年寄り夫婦も応援のついでに、コナミ巡りができると思ってたのに。。。ウソウソわーい(嬉しい顔)
posted by PI!PIKACHU at 23:57| 福岡 ☁| Comment(2) | 大好きな我がホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
PIKAさん、お疲れ様です☆
お元気ですか。コンバットに燃えることが出来ずに悲しみに暮れちょりますか・・・?(笑)
【これからの人生の大きな舞台・・・。】
すごく素敵な言葉ですね☆☆w(><)w
私は学生時代ソフトボールに明け暮れた三年間を過ごしました。先輩方々は三年連続全国大会出場の二年連続全国三位という輝かしい成績を修められた強豪チームでした。私達の代は、メンバーが少なく下の学年とも壮絶なレギュラー争いをしていました。178は、3番レフトです。全国制覇を胸に毎日毎日・・・日が暮れるまで雨にも負けず雪にも夏の暑さにも負けず練習の厳しい日々でした。試合は中国大会一回戦で敗退という結果でしたが・・・。
鬼監督から(笑)贈られた言葉が今も私の胸に強く残り続けています。
「今はどんなに辛くても、お前等が成長して、大人になった時、必ず、今、一生懸命頑張っている自分達を懐かしく想い出し、一生のかけがえのない宝物になるぞ。」
・・・本当です。あの頃の自分を誇りに思います。辛い思いも悔しさも涙もたくさん流し、時には歯を食いしばり・・・。少々の事は乗り越えられる自信もありますし、何よりあの頃の自分の輝きみたいな物を思い出せるという事が、心の支えでもあります☆
壁にぶつかると、へこたれちゃいそうになることなんて誰にでもある事だと思いますが、そこからどうやって頑張って乗り越えて、一回りも二回りも成長するかは自分自身ですから★
178は・・・険しくも素晴らしい人生を楽しんで頑張って、生きたいですにゃ★(えへへッ☆)
Posted by 178 at 2006年12月13日 18:14
オーッ!178さんらしからぬマジなカキコミ(笑)冗談ですよ!そうでしたか。。。学生時代は全国制覇を目指した『3番レフト』だったんですか。凄〜い!だから、高校球児でもあったタガさんとも気が合うのかもしれませんね!(*^_^*)

それにしても、素晴らしい経験を持っておられますね。その燃えるようなガッツが今、コンバットに乗り移っているのですね!そっかーっ!178サンの声出しも実は…体育会系だな(笑) 納得!!(^_-)-☆
Posted by PI!PIKACHU at 2006年12月14日 12:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。